農村工業の台頭と局地的市場圏の形成 14C~15C



1381年 ワットタイラーの乱 右矢印1農村一帯に都市に対抗する農村工業の展開としてあらわれる右矢印1近代化

農村工業の展開

右矢印1農民の副業的家内工業から成長
右矢印1中世都市の小親方が農村にくる= urban exodus 右矢印1 比較的自由右矢印1 局地的市場圏の形成

局地的市場圏:14c~15Cのイギリスの農村地帯では、封建体制=共同体規制の弛緩右矢印1多様な社会的分業=職業分化の展開=手工業者や日雇い労働者右矢印1村抱え労働から離脱右矢印1小商品生産者右矢印1自由に売買
右矢印1中間接取の排除右矢印1民富の形成・等価交換

非農業的営業の担い手(手工業者、日雇い、商人)はどのような社会層であったか。

副業的に農業生産も兼営する半農=半工的性格右矢印1小生産者:顧客向けと市場向け
日雇い:各地を自由に移動。農業もするが、日雇い賃金で生活。右矢印1生活必需品を近隣の市場で購入=重要な購買力

小商人右矢印1近代的商人層が現れる。

封建制を下から掘り崩し、新しい再生産圏を創出して、近代化の歴史的起点となったのは、まさしく農村工業の展開による局地的市場圏の成立であったことは、西欧およびアメリカ合衆国の史実が雄弁に語っている。